モノオモイな日々 Lost in Thought

過去の覚書、現在の思い、未来への手がかり

少人数で戦っている人ほど強い

digital.asahi.com

僕が、大組織よりも、小さなグループや個人に期待するようになった理由は、少人数で取り組んでいる人たちほど「強い」ということを発見したからだ。


少人数(ときには一人)の組織で他の人に頼ることができない環境にいる人たちは、自分自身で、さまざまな問題と格闘せざるを得ない。それは辛いことだけど、日々の問題を乗り越えるうちに、自然に知識が身につき、経験が蓄積され、視野が広くなっていく。


政治も同じだと思う。「大組織の問題点ショールーム」みたいな今の与党の中では、たとえ有能な人物でも成長できず、腐っていくだろう。小グループで戦っている政治家の方が、多様な人々の意見を伝え、より間違いのない判断をしてくれる。なにより自分自身で考え、行動する人になる。そうやって苦労してきた人は、タフで、優しい。

これは逆説的な発見かもしれない。だって、本来は、たくさん人がいる方がいい仕事ができる、とずっと信じてきたのだから。ただ、それが正しいのは、個々の人がそれぞれの能力を最大限に発揮できれば、とうい前提条件のもとでの話だ。上意下達、組織優先の中では、個人の能力は殺される。有能な人ほど、能力を捨てることになる。


能力のある人が一人で戦う勇気を持てば、世の中は画期的によくなるだろう。そして何より、本人自身が今よりハッピーになるだろう。