モノオモイな日々 Lost in Thought

過去の覚書、現在の思い、未来への手がかり

独裁は、悪人が一人でやる政治ではない

「安倍独裁」とかいうと否定する人がいるけど、今回の自民党総裁選の状況を見て、そう思わないのは頭から「安倍支持ありき」色眼鏡で見ているとしか思えない。

 


「独裁」って、なにもひとりのわがままな暴君が起こすものじゃない。むしろ最初はその逆に見えるポヒユラリズムから始まると思う。そして周りにいる子分たちが影で操っているのだ。

 

それはれっきとした独裁であり、見えにくい分、よりタチの悪い独裁だ。

 

表面的な損得だけではなく、その裏にあること、これからの社会がどうなるのか、その未来への影響を予想するのが市民の見識だと思う。

 

本当はそういう見識を持った人が政治家になるべきなのだが。

 

—————

石破氏「安倍さん支持の大合唱、自民党変質したのかも」
http://www.asahi.com/articles/ASL8B00VGL89UTFK026.html


民主化より王政がいい、というなら話は噛み合わないが、そうでなければ、表面的なことだけでなく、その裏にあることをしっかりと見なければならない。