読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノオモイな日々 Lost in Thought

過去の覚書、現在の思い、未来への手がかり

安保賛成派の言ってることって、逆じゃないの?

f:id:yasuda0404:20150908051337j:plain

安保法制の是非について、さまざまな視点から議論すること自体はいいことだ、と僕は思う。でも、中には明らかに誤解、というか、受け手をミスリードする意見もある。とくに感情に訴えようとするものは、怪しい。安保法制のような重要な意見は、より冷静に、より理性的に考え、判断しなければいけない。そのような「ミスリード意見」が無知からくるのならまだ諭せるが、故意で言っているなら不毛なやりとりにしかならない。だから、受け取る側はそういう意見は無視すべきだ、と言いたい。そうしないと議論が混乱し、本来の論点がずれてしまうからだ。


そのような「ミスリード意見」には、次のようなものがある。

ひとつめは、「安保法制に反対する奴は自分たちは汗をかかず、自衛隊まかせ。なにもしない利己主義者だ」というもの。賛成派にはこういう人、けっこう多い。

まったく逆でしょ、これ。安保法制に反対している人は、もちろん自分や子ども、友だちに死んでほしくないと思っている。それと同じように、自衛隊員にも犬死にしてほしくない、と思っているのです。だから反対してるんだよ。安保法制の賛成派こそ、集団的自衛権の行使のために自衛隊員をより危険な状況に追いやって、自分たちはなにもしないで平気なわけ?それこそ、究極の利己主義、じゃないですか?


ふたつめは、「安保法制反対派は売国奴」とかいう紋切り言葉。これもまったく逆。今の安保法制が通れば、まちがいなく防衛費(もはや軍事費、と言ったほうが正確か)は増える。そして、上に書いたように、犠牲者が出る可能性は高くなるし、敵国も増える。これが国益といえるのですか?なにが国益なのか。それがはっきりしないまま、ただ「国益」という言葉を振りかざす。

僕が賛成派の考えをなんとか理解しようと考えた限りでは、どうも彼らの考える国益は、どうも竹島を奪い返して、尖閣諸島を守り切ることらしい。それが実現したとして、どれくらいの「利益」があるのですか?そこを明確にして、それを実現するために払う費用や犠牲とを天秤にかけるのが議論ではないですか。僕だって、それらの島が日本の領土であってほしいとは思う。でもその解決方法は軍事力に訴えることではない、と思うわけ。軍事力で竹島を取り返し、尖閣を死守できたとしても、その後、どんなことがおこりますか?そこまで考えて「国益」を議論しようよ。それに、そもそもそれら領土の維持と、集団的自衛権とはまったく関係ない。集団的自衛権の「国益」ってなんなのだろう。そんな風に考えていくと、今の政権こそ「売国奴」じゃないのか?と思ってしまうけど。


そして、もうひとつ。「安保法制反対派は自虐的。国の尊厳などどうでもいいと考えている」という意見。これも理解不能。だって、国民の象徴である天皇陛下も、そのお立場で可能な範囲で懸命に平和を訴えておられるじゃないですか。安保賛成派は、それも無視してる。つまり、賛成派は天皇嫌いなんだね。天皇陛下は平和を望む国民の声を代表しておられるのだから。日本の尊厳を傷つけているのは、安保賛成派の方だと思うのだが。