読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノオモイな日々 Lost in Thought

過去の覚書、現在の思い、未来への手がかり

「必死はかっこいい」:鈴木おさむの名言

以前、新聞広告の「仕事力」と言う連載で読んだ、鈴木おさむ氏の言葉が心に残っている。

放送作家である鈴木氏は、80年代・90年代の出演者がスターだった時代から、世の中は変化していると述べた後、次のように言う。

 

それだけ世の中がまじめになったのだと、僕は思っています。時代が慎重になったとも言える。視聴者はいい加減な人を見たくないと感じ、一緒に番組を作るスタッフもそういう人と仕事をしたくないと嫌うようになった。だから芸人さんも、僕たち制作の人間も必死で体を張り、知恵を絞る。

 

この感覚は僕も同感だ。もう「甘いお菓子」はあきた。苦くても、もっと体や心のためになる「栄養」がほしい。そんな気持ちが世の中により強くなっていると感じる。

さらに印象深かったのは、上に続く次の言葉だ。

 

自分の力を今日ここで使い切るぞと言う勢いでやってますからね。

でも不思議なことに、ゆとりを残して力を出し惜しむより、使い切ったほうがまた元気に走れる。

 

これは僕もずっと感じていたことだ。あらためて言葉にしてくれたことに感謝したい。「ああ、そうだよね。」と思う鈴木氏の言葉をしばらく心の中に持っておきたい、と思う。