モノオモイな日々 Lost in Thought

過去の覚書、現在の思い、未来への手がかり

パラリンピックなんて、やめちまえ!

タイトルを見て即座に、お前は何を言ってるんだ!いい加減にしろ!と思った人は多いと思う。でも、ちょっと僕の意見を聞いてほしい。僕はパラリンピックをやめろ、という理由を。今やパラリンピックを知らない者はほとんどいないだろう。ウィキペデイアによ…

「お金で買えないもの」がある社会

www.ted.com最近、朝早く目が覚める。朝からネットをするのも気が引けるし、本を読む気にもなれない。そこで、撮りためていたTV番組を見ることにしている。中でもお気に入りが、「スーパープレゼンテーション」だ。TEDの中から選りすぐりのスピーチを紹介し…

「働かざる者 食うべからず」が意味すること

「働かざる者食うべからず」という言葉がある。出典は新約聖書の中の「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」という一節だそうだ。「働こうとしない者」という表現からわかるように、この言葉は働く能力をもっているのに働こうとしない者に向け…

財務省セクハラ問題の問題

巷の注目を集めている財務省のセクハラ問題では、官僚の「思考」について、大きな矛盾と問題が露呈したと思う。財務省はセクハラを受けた記者に対し、名乗り出て財務省の顧問弁護士へ情報提供をおこなって欲しいと、財務省の名前で「依頼」した。これは大き…

自己批判できるのが本当のメディア

note.muHPVワクチン(子宮頸癌ワクチン)の安全性を検証、情報発信してきた、医師であり、ジャーナリストでもある村中璃子氏が、ジョン・マドックス賞を受賞された。正直なところ、僕は医療分野は門外漢で、HPVワクチンの安全性(の問題)については一般のニ…

科学の不定性を認識することは、「信仰」から脱却することだ

以前、JSTサイエンスニュースの「科学と裁判」でインタビューさせてもらった、東北大学の本堂毅さんのグループが新しい本を出版されるという。「科学の不定性と社会 ― 現代の科学リテラシー 」という本だ。www.shinzansha.co.jp 本の内容は、Amazonの商品説…

政治家の嘘を見抜くには

今回の衆議院選挙、どんな基準で政治家を選ぶべきだろうか? 「政策で選ぶべき」「結果で選ぶべき」と与党は叫んでいる。 正論だ。でも僕は、今さら何を言ってるの?と条件反射的に返してしまう。だいたい与党がそう言う時は、それ以外のことを隠しているか…

「ボトムアップと対話」を拒否する政治を、市民は拒否せよ

www.ted.com 間違った問いを立てれば、間違った答にたどりつく。人々はそのことに薄々感づきながら、なんとか「答」を手に入れた安心感を捨てたくないために、その答を信じようとする。しかし残念ながら、それは妄想であって、希望ではない。 僕は、市民や他…

自分のやりたいことは自分のためにやる

[uploading:629E743B-7AC7-49C7-A183-7EBE4F6895B2/L0/001] 先日、普段から、何となく「かっこいいな」と思っていた二人と話をする機会に恵まれた。 なぜ僕は彼らのことを好きなのか。それはおそらく、彼らが自分の心にとても正直で、常に自分自身で生きよう…

日本人は日本人の得意なことをやるべき~科学技術立国消滅の危機に

news.yahoo.co.jp 世界の科学技術研究が加速する中、日本の科学技術論文数(だけ)が増えていないらしい。この記事は2004年の国立大学法人化と運営交付金の削減を「主犯」としているようだが、それだけではないだろう。もっと大きな理由は、世の中が科学者、…

無職という大発見

gendai.ismedia.jpgendai.ismedia.jp 僕も会社をやめて1年くらい「無職」だったけど、あの時の開放感は今でも忘れられない。毎日、「今日は何をしようかな。そうだ、あれをやろう」って、全部自分で決められるなんて生活は、物心ついてからは一度も経験した…

デジタルだからいいってわけじゃない。

digital.asahi.com 先日、ある分野の本を買おうと思ったのだが、ネットで調べると、関連するたくさんの本があって、どの本がよいのかわからなかった。そこで、ジュンク堂に行って、その分野の棚の前でいくつかの本を手にとって、ページをめくりながら、文章…

痛風は「そろそろ体のケアをしろよ」というメッセンジャー

40歳の頃から、時折、痛風発作に襲われるようになった。最初、足の指や足首に、疲労感のような違和感がやってくる。そのレベルで翌日には消えてしまうこともあるが、多くの場合はそれが痛みに変わっていく。足が赤みを帯び、ひと目でわかるくらいに膨れ上…

勝手に貧しくなっていく日本

www.from-estonia-with-love.net 10年前、大手建築設計会社に務める友人にこんな話を聞いた。その友人は、手がけていたマンションのCG制作を中国のCG会社に発注した。ところが、できあがってきたCGを見るとどうも違和感がある。たとえば、中庭にあるはずの…

雑感2017年4月

4.1 来年からエイプリルフールは「今日くらいは本当のことを言ってもいい日」、にしたらいいんじゃない? 「エブリデイフール」にサヨナラだ! 4.2 嘘と脳の関係。たいへん興味深いです。「人間は嘘をつく生き物」…澤口俊之氏が明かす嘘を言うメカニズム | …

「メディア・コントロール」

メディアが時の政治と結びついてきたことは、だれでも知っている。現在の日本の首相は、自分が攻撃されるとすぐに「印象操作」「レッテル貼り」と反論するが、それは裏返せば、「メディア・コントロール」は政府の専売特許であり、他の人たちが同じ方法を使…

金持ちになりたいのなら、人脈は邪魔かもしれない

blogos.com 人間の価値観にはいろいろあれど、本心で「お金」を否定できる人はなかなかいない。つまり、貧乏にはなりたくない、金持ちになりたい、というのは、世の中のほとんどの人に共通する願望だ。でもどうやって?そのヒントを教えてくれるのが、この記…

森友問題が「下世話な問題」だからこそ生まれた失望と不信感

business.nikkeibp.co.jp 昨日の続きとして、もう少し。この小田嶋氏による記事、今回の騒動の本質をズバリ言い当ててると思う。 そう、森友問題は下世話な問題だ。そんな下世話な問題に、強弁と隠蔽とはぐらかしを重ね続け、自分で墓穴を掘っていく政府への…

「たったひとりの国家公務員(昭恵氏付職員)に森友事件の全責任負わせる卑劣な安倍政権」にまったく同感

森友問題、そして籠池氏の証人喚問。最初はたいして関心なかったんだけど、最近はメディアの報道で「切り貼り」されたものは信用できないので、ナマのやり取りを観て自分で考えたいと思った。それで、籠池氏の証人喚問を録画して、ほぼ全部のやりとりを観て…

雑感2017年2月

2.1"グーグルは、コレマツ氏の「何かおかしいと感じたら、声を上げることを恐れてはいけない」という言葉とともにコレマツ氏の生涯を紹介した。" Googleがトランプ大統領令に対抗? 検索トップに掲載した日系人の生涯とは 2.5「高度産業テクノロジーが進んだ…

雑感2017年1月

2017.1.1ただ一つねがうことは、弱者を思い、平和を愛する人が上に立つ国であってほしい、ということ。市民にとって、右翼や左翼、保守や革新など関係ない。ましてや一政党や政治屋に翻弄されるなんて馬鹿げてる。国益や立場なんて言葉は本質をおおい隠す、…

ニーズを捏造する「広告主義」から脱却せよ

wired.jp今日、2017年1月3日、WIRED日本語版に、若林編集長の強烈なメッセージが掲載された。タイトルにある「『ニーズ』に死を」という言葉。単なるアイキャッチではない。若林さんは、現在のメディアのあり方に、本気で戦いを挑んでいる。少なくとも、僕に…

雑感2016年12月

12.01Came to Chiang Mai Design Week 2016 with the 'Tweeshirt' since one year ago. チェンマイ・デザインウィーク2016に来てます。今回の出し物は一年ぶりの「Tweeshirt」です。 12.05勇気ある者が守られる社会に‥Trevor Timm: How free is our freedom …

平均値の罠:「シンプソンのパラドックス」

たとえば、ある国の政府がこんな分析結果を公表したとする。> 年収1000万円以上、年収500万円〜1000万円未満、年収500万円以下、どの階層でも平均所得が上がっているこの分析は正しいと仮定して、これだけでこの国全体の平均所得は上がっている、と結論づけ…

雑感 2016年11月

11.2いったい今の世の中の何が変わるべきだと思うのか、と自問しながら世の中を見てみると、違った風景が現れてくる。http://wired.jp/2016/11/01/iceland-pirate-party/ 11.3「コンセッション・スピーチ(敗者の弁)」というのは、とても大事なものかもしれ…

雑感 2016年10月

10.5映画「君の名は。」、ヒットしたことだけでなく、ヒットの仕方が素敵だと思います。おくればせながら新海監督の過去の作品も観て、ますます。 これからも(大きなヒットを狙わせようとする周りにかまわず)新海監督らしさを貫いてほしい!「君の名は。」…

雑感 2016年8月〜9月

8.8 Maker Faire Tokyo、楽しかった! 子供の頃の夏休みのような、作って、見せて、楽しもう!という感覚。「仕事」や「遊び」という言葉では表せない純粋な好奇心。それって、ある種の「快感」ですね。展示を手伝ってくれた、 桑野 和之 (Kazuyuki Kuwano)…

抽象的・主観的な誘導に騙されてはいけない

ここ数年(今の政権になってから)、同じ「事実」を見ているにもかかわらず、こうも正反対の結論をだせるものなのか!?と驚嘆し続けてきました。屁理屈とか詭弁、といったレベルではなく、まったく異なる、文化、時代の人同士が通訳無しで話しているような…

雑感 2016年7月

6.30 小池百合子氏が立候補したのは、ちょっと面白い出来事です。 それにしてもこのブロガー議員、しがらみがない感じがして、なかなかいいな。「自民党」と「都議会自民党(自民党都連)」の関係を、小池百合子氏の出馬表明から考えてみる | 東京都議会議員…

他国に対する抑止力が必要なら、自国の政権に対する抑止力もいるだろう

改憲や軍事化には消極的だけど、経済・産業支援や政治の安定性を考えるとやっぱり自民党がいいんじゃね?と思っている人が少なからずいる。 でも僕は、今回の参院選で自民党が負けた方が、今後の経済・産業支援や政治の安定性は、より良くなると思う。これは…